オプション投資家養成塾

 

塾は全12章で1ヵ月に1章ずつ進めていき1年で全てのノウハウが身に付きます。

ただノウハウを提供するだけではなく、問題を提示し回答してもらうことで理解度を向上させていき、疑問が解消した状態で次の章に進めるように時間を取っています。

1年というと長く感じるかもしれませんが、あなたが手にする将来の利益を考えると決して長くはないと思っていますし、飽きさせない工夫を各所にちりばめています。


使用するのはPCとインターネットだけ。

オンラインサポート塾になり登録したメールアドレスにテキストや音声のURLをお届けし、動画や他のコンテンツをメンバーサイトに置く予定です。

ですので今お手持ちのPCで受講することが出来ます。


疑問がある際にはメンバーサイトのお問合せフォームからいつでも質問することができ、質問の回数は無制限で対応します。

会員のメンバーサイトは、他のPCでもログインすることが可能ですので、職場でも、お子さんのPCでも、旅行先の共有PCでもログインIDとパスワードさえ覚えておけばログインできます。


このようなメンバーサイトになります。

メンバーサイト

オプション投資家養成塾は全12章(1ヵ月×12=1年)で構成しています。
1ヵ月目(1章):ギリシャ文字がなぜ必要なのか?

なぜオプショントレーダーはギリシャ文字(リスク指標)を用いるのか。
日経平均の動き、時の経過により、自分のポートフォリオの損益がどのように変化するのか、どのようにポジションを調整するべきなのか、これを把握するのにギリシャ文字が必要なのです。
このような考え方がしっかりと定着します。

2ヵ月目(2章):デルタトレード

デビットスプレッドなどのデルタ系の既存戦略について説明します。
先物ではなく、わざわざオプションを使って方向をとるのはなぜか。

3ヵ月目(3章):ガンマ&セータ その1

ガンマについての考察です。
ガンマを理解すればオプションがよくわかるようになります。

4ヵ月目(4章):ガンマ&セータ その2

タイムディケイ。これはオプションに期限があることに起因する面白い性質です。
この「時の経過」という、必ず生じるものを味方につける戦略の強力なメリットと、その問題点についてショートストラドルなどの具体的戦略を用いながら考察していきます。

5ヵ月目(5章):ガンマとセータを使った一般的な戦い方

動くと思う人の戦略、動かないと思う人の戦略にフォーカスした解説です。
動くと思って動かなかった場合は何もできませんが、動かない方にかけて、動いちゃった場合は、ポジションを調整することによって、損失を最小限にとどめることは可能かもしれません。
だからオプション投資家は、動くか動かないかだったら動かない方にかけるんです。
そう、動くと思って動かなかった場合には何もできませんが、
動かないと思って動いてしまった場合には手を打てます

6ヵ月目(6章):ネガティブガンマとポジティブガンマの戦い方

日経平均の変動があった方がよい(無いと困る)のがオプションを買っているポジションで、すなわちガンマが味方(セータが敵)ですから、日経平均の変動がポジションにプラスの影響を及ぼします。この戦いについてデルタヘッジ、ダイナミックヘッジなどの事例を用いながら検討します。

7ヵ月目(7章):IVについて

インプライドボラティリティ(=IV)の数値が示す、日経平均の変動幅についての市場のコンセンサスを基礎に戦略を考えます。
ガンマとセータについて検討しても実はIVを無視できません。
期近、期先、権利行使価格によって異なるIVの値とその動きを知る。
これがオプションの本質、醍醐味でもあります。

8ヵ月目(8章):IVの戦い方

IVは期近と期先とで異なる値をとり、異なる動きをします。
期近のIVが期先のIVよりも相対的に高いとき、期近のベガをショートし期先のベガをロングするといった戦略(カレンダー系)をとるなど、期近と期先のIVの動きのずれを利益に換える方法等を次章で考えていきますが、その前提として、
カレンダースプレッドとリバースカレンダースプレッドの性質を研究します。

9ヵ月目(9章):IVの戦い方の実例

実際のIVで利益を上げる戦略について、8章を応用した解説です。
ガンマやセータの値は期近の方が期先よりも大きく、逆にベガは期先の方が大きな値をとることから、この性質をうまくつかえば、デルタ、ガンマやセータをフラットにしてベガだけをプラスで取り出す、逆にマイナスで取り出すことが可能になります。これを利用した戦略を研究していきます。

10ヵ月目(10章):チャートを用いたオプション戦略

オプショントレードは相場観のみで稼ぐものではありませんが、チャートを用いることで有利に戦略を組むための考え方を説明します。
テクニカル分析に基づいて目先のシナリオの考え方を研究し、
シナリオごとに自分のポートフォリオがどうなるのかを分析する訓練をしていきます。

11ヵ月目(11章):発注の仕方・証拠金の計算・資金管理

ポジションを多数持った時の約定のさせ方、寄り付き・成り行きの話、証拠金の計算・資金管理についての説明です。

12ヵ月目(12章):総まとめ

今までの11か月を振り返り総括します。

1ヵ月の流れは次のようになります。
1週目はテキスト+解説音声を順次お届けします
aa


このテキストを配布した後に、その内容が理解できているか確認するためテキストに対応した音声解説をメンバーサイトで公開していきます。
テキストや音声ファイルはすべてメンバーサイト内からダウンロード出来るようになりますので、自宅以外の場所でもメンバーサイトにログイン出来れば学習出来ます。


この内容に対して分からないことはメールサポートを活用してもらい、その結果も受講生にお届けしますのでどこでつまづいているのか分かるようになります。

ですので多面的に学習することが出来るため疑問点が解消します。

2週目には1週目に配布したテキストに合わせて問題を提示します。
aa

テキスト+音声でノウハウを提供するだけでは真の理解が得られたか分かりません。

インプットした内容がしっかりと知識として定着したかを確認するためには正しいアウトプットで確認する必要があります。

正しいアウトプットが出来れば、あなたの知識になっていることが確認でき、
困難な相場に対峙した時に切り抜ける能力が養われます。

ですので問題に対する回答を2週目以降に取り組んでもらいます。

ここは2週間程度と時間を多くとり、あなたの知識で弱いところを浮き彫りにして課題を明確することが出来ます。

4週目に回答と解説をテキスト+音声でお届けし、疑問点が完全に解消されるようにサポートします。
aa


ここでは他の受講生の回答も事例として紹介しますので、 今まで気が付かなかった新しい気付きが得られます。


他の受講生の回答に加えて私たちの音声解説を加えていきますので、この解説で知識が盤石のものとなり、オプションに対する自信がついていきます。


これで1章が終了し、全12章を12か月かけて繰り返します。

以上がこの塾の流れです。


繰り返しますと、テキスト・音声でノウハウを学べて、問題について回答の添削をメールで行い、随時疑問に思ったことや質問メールサポートが付きます。

もちろん本当のスキルとなる内容の濃いもので、
あなたが疑問に思ったことをすぐに解決できる環境です。

良いか悪いかわからないあやふやな情報じゃなく、
数学の公式のような絶対に覚えなきゃいけないコンテンツを詰め込んでいます。


ですのでノウハウを正しく理解できているか、あやふやで次に行こうとしていないかをチェックし弱い点を浮き彫りにして、その上でスキルとして定着させることができます。



あなたもこのサービスを受ければオプショントレードで稼ぐためのスキルが確実に身に付きます。
ですがもっと深くオプションの魅力を知ってもらい実用的なスキルが身につくように特典をご用意しました。

特典1

オプションを学ぶときに、過去のデータに基づいてバックテストをしてみたいと思ったこと、ありませんか?

yahoo知恵袋や教えてgooなどにで多数質問が載っていて、私のもとにもこのような声が多数寄せられます。

Sさん

これからバックテストとしてオプション価格の過去データを検証したいときは、有料のデータを購入するか、今日から将来の価格表を保存しておいてそれを活すしか方法はないのでしょうか?

このような疑問を解消するために、「Prize」というツールのオプション価格の過去データを無料で
閲覧できる権利が特典です。

日常のデータなら大証のHPなどで日々取得できますが、手動でやらなければいけないため取得忘れやデータ管理が大変になりますよね?

それに今から手動で記録しようとしても、過去のデータは入手できません。

過去データを入手する場合は、情報提供会社などから8万円以上かけて購入しなければなりません。
この8万円を投資しないと、戦略の有効性を評価するバックテスト検証はこれまで出来ませんでした。


それを、受講者さんには常に過去データを閲覧することが出来るようにしました。

過去データは昨日分までを随時アップデートしており、受講費以外に
追加費用の必要は無く利用できます。

過去データは2001年から今までのデータが格納されているため、このツールさえあればバックテストをするためのデータを10年以上もさかのぼって検証することができます。
ライブドアショック、リーマン・ショック、ギリシャショック、東日本大震災・・・あらゆる過去データが閲覧可能です。


こちらがそのツールの動作画面です。

※シミュレーションが出来るライセンスは別途有料となっています。今回ご提供するツールは過去データ検索のみとなります。

特典2

今の相場に対する考え方や、そのときポジションを持っていたときの対処の仕方などを
月1回(不定期)配信します。

「今コールレシオスプレッドを建ててSQまで保有しようとしたら、明日は雇用統計が発表され大幅上昇し売り玉がインザマネーになりそうです。この場合の対処法はどうしますか?」

このような具体的な事例について私たちの考えを解説していくので、
即戦略が身につきます
具体的なポジション調整の仕方やリスク回避の考え方にもなりますので、本編に追加してさらなるスキルアップにつながります。

特典2

2012年7月28日に都内で行ったセミナーの動画をプレゼントします。

先ほどお見せした動画の完全版となり、動画の続きを見ることができます。
実際に9,800円で募集して開催したもので、非常に勉強になるセミナーです。

内容
  • 1時限目:オプション取引の基礎の基礎
  • (1)そもそもオプションとは何か?
  • (2)オプションを使ってできること
  • (3)ギリシャ文字が必要なわけ
  • 満期(SQ)トレードでは不要
  • 「勝率×利益=負率×損失」を「勝率×利益>負率×損失」にする
  • (4)ギリシャ文字の解説
  • デルタとは
  • ガンマとは
  • セータとは
  • ベガとは
  • (5)ギリシャ文字による戦略の整理
  • 1.デルタロング VS デルタショート
  •  
  • 2時限目:プロも使うオプション戦略の基本
  • (5)ギリシャ文字による戦略の整理(続き)
  • 2.ガンマ(ポジティブガンマ) VS セータ(ネガティブガンマ)
  • 一定の範囲に収まるか収まらないか、というときの「一定の範囲」をどうやって捉えるか。
  • 市場のコンセンサス(=インプライドボラティリティ)をどう見るか。
  • そもそもIVとは何か
  • IVの解釈の仕方
  • ガンマによってデルタが有利になるとは?不利になるとは?
  • デルタヘッジとは(デルタによる損益変動の一時停止、ガンマヘッジ、確率の収斂)
  • 具体的ポジションの形(プットコールパリティを用いてデルタヘッジしやすい形へ)
  • トレードの例
  • ガンマ VS セータ型トレードの難しさ
  • デルタヘッジできないリスク
  • ガンマVSセータでもベガを無視できない!
  • 3.ベガロング VS ベガショート
  • IVの動きの特徴(平均回帰性)
  • ベガだけをロングorショートで取り出す方法
  • ベガを取り出す戦略の課題
  • ベガショートの方が勝率高い!?
  • デルタもガンマもフラットにしたはずがガンマショートだった
  • ベガロングは実はガンマロング。しかし勝率が・・・
特典2


私がこれまで作成してきたレポートを養成塾用として改訂し、講座の進み具合に応じて提供していきます。

中には限定数名しか提供していないレポートもありますので非常に貴重です。

特典2

2013年5月18日に養成塾生徒さんとQ&Aの勉強会を実施しました。その時の収録動画をプレゼントします。

内容
  • Q.
    オプションでサラリーマンでもコンスタントに利益を出せるようになるには、概ね何年の経験が必要だと思いますか?
    ここ2~3年で毎月の収支は常にプラスですか? それともマイナスになる月もありますか?
  • Q.
    常に相場を監視できるような状態にありません。朝の寄付も難しいです。どうしたらよいのでしょうか。
    日中に相場に対峙できないトレード方法について伺いたいです。
  • Q.
    なかなかオプショントレードは市民権を得られていないように思います。
    個人投資家同士で話をする機会もありません。このような点につき、何かお考えはありませんか。
  • Q.
    トレード日記は大切だと金森さんのブログや他の書籍でもよく目にしますが、毎日付ける(トレードしない日でも)必要があると思いますか?
    それともエントリーやエグジットなど注文を出した日だけでも良いと思いますか?
  • Q.
    いつも相場では何をご覧になっておられるのでしょうか。
  • Q.
    日中に相場が自分の予想外の展開になった場合に、どのような方法で自分のリスク指標の変化を確認するのですか?
    いくら事前にいろんなパターンをシミュレーションするといっても、スプレッドをいくつも組んでいると、自分の持っているポジションのリスク指標合計が解らなくなったりしませんか?
  • Q.
    一枚の売り買いをする時の必要証拠金。
    権利行使価格やSPANなどにもよって違うのでしょうが、例を交えて教えて欲しい。
  • Q.
    寄付とザラバとではどちらが発注しやすいでしょうか。発注順序も教えてください。
  • Q.
    思ったように約定しません。また、夜間取引では板がスカスカのときがあります。
  • Q.
    ディープインザマネーになった場合どうしたらよいのでしょう。
  • Q.
    何かツールを使っておられるのであればそのツールを教えてください。
  • Q.
    先物チャート、IVチャート、スマイルカーブはどのように使うのでしょうか。
  • Q.
    ネガティブガンマとポジティブガンマはどちらが有利ですか。
  • Q.
    ポジティブガンマの戦略を取っていた場合の、利確タイミングの基準をどのように決めておくのが良いのかが分からず、その後の相場に流され利益を上がられていないことが多く悩んでいます。
  • Q.
    バックスプレッドの解説を聞きたいです。
    書籍ですと「コールBKは大暴騰でプットBKは大暴落で利益になる」と解説されていますが、「バックスプレッドは逆方向(コールBKは下落、プットBKは上昇)で利益にするもの」とのブロガーさんの話を度々聞き、良く分からなくなっております。
  • Q.
    ボラティリティを重視したポジションについて。
    たとえば、これから下がると思った時、リバースカレンダーかバタフライ買い はこういう時がチャンスとか。
  • Q.
    なぜわざわざボラティリティ(IV)をトレードするのでしょうか。とても難解です。
  • Q.
    IVの特徴を教えてください。
  • Q.
    日経VIは取引がほとんどありませんがどうなのでしょう。

 

下記は日経VIについての内容の一部です。


この塾の良さをご理解いただけましたでしょうか?


気になるのは価格だと思いますが、このように設定しました。


メールサポートコース・・・月12,800円


要望がありましたので分割決済にも対応しました。(クレジットカード払いのみ)。
このプランは一括提供がありませんので、毎月のコンテンツを提供していく形となります。(全12回で課金が終了します)

オプション投資家養成塾

Q&A
  • 塾に入れば必ず稼げますか?
  • あなた自身でポジションを考えるため、必ず稼げるという保証はできません。あなたが納得できるポジションを繰り出せるノウハウを身に付けるものです。
  • 日経がどちらにいくら動いたら、ポジションがどう変わるかというところが現時点でまったく理解できていません。 また、ポジション調整の仕方もよくわかっていません。それでもついていけるでしょうか?
  • 安心してください。誰でも最初は0からのスタートです。0から最短で稼げるようになるスキルを身につけるのがこの養成塾になります。
  • コンテンツを見るのに必要な環境は?
  • 今このページを見ることが出来ていてpdfファイルが見られれば問題ありません。
    音声サポート会員以上はウィンドウズメディアプレーヤーが導入されていれば問題ありません。
    また、PCスペックで言うとこのお手紙の中ほどにある守屋のセミナー収録動画(youtubeの動画)が見られれば大丈夫です。
  • どこかの会議室に集まるのですか?
  • この養成塾はオンライン講座なので、会議室に集まる必要はなく、ご自宅のPCから受講可能です。
  • 225オプション投資経験4年になります。
    ギリシャ文字はセータ以外は全く見ていません。ギリシャ文字を駆使して利益をあげることにイメージがわきません。
    現在はデルタの変動を利益にすることを主体にした取引です。
    こんな私ですがこの養成塾で更に高いレベルをめざすことができるでしょうか?
  • 安心してください。その不安を解消してトレードで利益をあげられる実感を持ってもらうのがこの養成塾の目的です
  • 返金保証はありますか
  • この養成塾には返金保証はありません。
    もしこのお手紙を読んで合わないと感じたら受講はしないでください。
  • 楽して稼ぎたいのですが、こんなに真剣に勉強しないと稼げませんか
  • 「楽(らく)して」稼ぐことは教えられません。「楽(たの)しく」稼ぐための勉強をお伝えしていきます。
  • オプションは全く知らないのですが、私でもできるのでしょうか?
  • 1から学べるようにコンテンツを作っていますので安心してください。
    分からない点はメールサポートにてしっかりフォローします。
  • シグナル配信サービスは予定していますか?
  • 個別のポジション配信(売買指示)は行いません。
    あなた自身でポジションを作るためのオプションの基礎知識をマスターしてもらうのが目的です。
  • この塾で「オプションが分かった」と実感できるようになりますか?
  • もちろんそうなってもらいます。「分かる」よりも「解る」が適切な表現になるでしょう。
  • パソコンの操作にはあまり自信が無いのですが
  • パソコン操作は重要ではなく、コンテンツの中身をしっかりと学ぶことが一番重要です。
    もちろんパソコン操作の質問もメールサポートで受け付けていますので遠慮せずに問い合わせしてください。
  • ここ2か月でかなり損失を出してしまいました。ギリシャ文字もよく理解せぬままなんとなくトレードしていました。 今後はしっかり勉強していきたいと思ってますが、こんな私でもスキルアップできますか?
  • もちろんです!損失をしてギリシャ文字の重要性を深く感じたのは大きな収穫です。 その経験を稼ぎに変えるために一緒に勉強していきましょう。
  • 1年間のカリキュラムがありますが、実取引はいつ頃から開始されるイメージですか?
  • この養成塾では、「自立した(=自分でポジションを考えて実行できるという投資家になってもらう)」ための塾であり、具体的なポジションを指南するわけではありません。
    ですので、実取引は自信を持った時に実行してください!
  • コンテンツの一括ダウンロードはありませんか?
  • 本物のスキルを身につけていただくには時間が必要だと思っていますので一括提供は対応していなかったのですが、要望が多いため今回新たに設定しました。
  • 自己資金はいくら位から開始される認識でしょうか?
  • 今の相場に合わせた具体的なポジションの提示はしませんが、証拠金が少ない人にとっても工夫してポジションを組めるような考え方を身につけてもらいます。
    リスクを取るのは個々のトレーダーになるので、そのリスクを考える目安を提供するというイメージです。
  • この講座の開始日はいつからになりますか?
  • 講座の開始日は、入金が確認出来次第スタートになります。
  • 銀行振込の他に口座引落は対応していますか?
  • 口座引落は対応していませんので期日までのお支払いをお願いします。
    振込はまとめ払いができますが、振込手数料は受講者さん持ちになりますので、paypalによるカード決済のほうがオススメです。
  • この塾の対象者はどのくらいのレベルの方を対象にしているのでしょうか?
  • 未経験者さんから、すでに他の塾に参加してトレードしている方まで対象です。
    他の塾である1つの戦略を身に付けても、その1つのノウハウだけで相場に立ち向かうより、あらゆる戦略をを身に付けたうえで最適な戦略を選んだほうがいいですよね。 そのためのノウハウをお伝えします。
  • 質問の回数は無制限ですか?
  • 「メールサポートコース」という名前の通り、無制限でサポートします。
    今も受講生さんからたくさんの質問をいただきますがおおよそ3日以内には全て回答しています。
  • 養成塾のコンテンツ以外の質問も受け付けていますか?例えば他のブロガーさんのポジションの理由とか。
  • ブロガーさんの真意というのは本人に聞かないとわかりませんが、私がポジションから予測できる範囲では考察を回答できます。
    「明日はどうすればいいですか?」という質問にはお答え出来ませんが、既存のポジションの問題点やわからない点などは養成塾在籍期間中には無制限で回答します。
  • オプション価格の過去データ閲覧サイト利用権限は塾の期間である12ヶ月間だけですか?
  • 現在開発元と調整中ですが、過去データ閲覧は塾を途中で退会しない限り見れるようにできるようにしたいと考えています。卒業生の権利として。
  • メールサポートが受けられるのは、塾の期間である12ヶ月間だけですか?それとも、塾終了後も継続して受けられますか?
  • メールサポートは分かるまで何回でも、いつまででも対応しますよ。
  • 領収書は発行されるのですか?また確定申告の時には控除されるのでしょうか?
  • 領収書は養成塾メンバーサイトで発行しています。書籍やセミナー費用と一緒で確定申告時には経費として申告してください。
  • オプションの過去データを使ってバックテストを行うためには、データをEXCELに入れてやる必要がありますが、PrizeではWEB画面上で表示するだけでしょうか。 いちいちブラウザからコピペするのは大変なので、ダウンロードする方法はありますか?
  • 要望はいただくのですが、こちらは外注で頼んでいて、利用料を私達の方で含んで今の受講価格にしています。
    要は簡単にダウンロード出来てしまったら世に出ている数万かかる有料ソフトと一緒になってしまうので、作成者側としてはそれは避けたいみたいです。
    何卒ご理解ください。
  • 養成塾のコンテンツはスマホで閲覧できますか?
  • 養成塾メンバーサイトはスマホでも閲覧可能です。
    課題の回答や閲覧、音声再生、動画閲覧はできますが、テキストをzip形式で圧縮しているため、そのままでは閲覧ができません。
    スマホで受講する場合は、スマホ用の解凍アプリがiOS,android共に出ていますのでそちらをインストールしていただくか、一度PCでzipファイルをダウンロードして解凍してからスマホで見れるように転送や共有を行ってください。